きゅう理論|鍼灸師国家試験問題

第28回国家試験 問題158

施灸局所の肥満細胞から放出される血管透過性亢進物質はどれか。

第21回国家試験 問題157

知熱灸の熱刺激の伝達に関係するのはどれか。

第25回国家試験 問題160

「生体の内部環境は適当な制御機構が働いて、ほぼ一定に維持されている」と定義されるのはどれか。

第21回国家試験 問題155

灸あたりで見られる症状はどれか。

第27回国家試験 問題153

艾を使用しないのはどれか。

第24回国家試験 問題159

ブラジキニンの発痛作用を増強させるのはどれか。

第29回国家試験 問題180

1回の透熱灸による生体反応で正しいのはどれか。

第28回国家試験 問題159

広汎性侵害抑制性調節(DNIC)が最も関与するのはどれか。

第25回国家試験 問題156

温度刺激に関して正しいのはどれか。

第26回国家試験 問題153

温筒灸を行った際に、第Ⅱ度熱傷予防のため、艾炷を取り除く目安はどれか。

第22回国家試験 問題158

灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。

第22回国家試験 問題157

施灸に際して行う患者の皮膚消毒で正しいのはどれか。

第23回国家試験 問題153

湿性温灸はどれか。

第29回国家試験 問題177

有痕灸を避けるべき部位はどれか。

第27回国家試験 問題160

足三里へ多壮灸をした後、患者がすぐに全身倦怠感を訴えた。この原因を説明するのに適切なのはどれか。

第21回国家試験 問題158

血管の透過性亢進作用をもつ物質はどれか。3つ選べ。(改)

第29回国家試験 問題174

透熱灸を行う場合、最も注意しなければならない疾患はどれか。

第27回国家試験 問題151

灸法で施灸部の組織を破壊しないのはどれか。

第22回国家試験 問題156

半米粒大の施灸で灸痕の化膿を防止する方法として正しいのはどれか。

第22回国家試験 問題154

艾を使用する灸法はどれか。2つ選べ。
※ハリスタ改変問題