きゅう理論|鍼灸師国家試験問題|21問〜40問

第28回国家試験 問題154

糖尿病患者に対する灸施術で灸痕化膿のリスクが最も低いのはどれか。

第29回国家試験 問題173

透熱灸施灸部の消毒方法で最も適切なのはどれか。

第30回国家試験 問題174

灸痕の化膿を防止する方法で誤っているのはどれか。

第22回国家試験 問題152

粗悪艾の特徴で正しいのはどれか。

第22回国家試験 問題158

灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。

第24回国家試験 問題154

八分灸が属する灸法はどれか。

第25回国家試験 問題156

温度刺激に関して正しいのはどれか。

第30回国家試験 問題179

透熱灸による局所炎症反応で最も早期の反応はどれか。

第28回国家試験 問題159

広汎性侵害抑制性調節(DNIC)が最も関与するのはどれか。

第23回国家試験 問題156

施灸により蛋白質の変性が起き始める温度はどれか。

第26回国家試験 問題154

WHOの「鍼の基礎教育と安全性に関するガイドライン(1999年)」で有痕灸を避けることとしている部位にある経穴はどれか。

第29回国家試験 問題176

透熱灸による熱刺激の伝導路はどれか。

第27回国家試験 問題159

手足の冷えを改善する灸の治療的作用はどれか。

第21回国家試験 問題154

良質艾で同じ大きさの艾烓3壮を施灸する場合、刺激を弱くできるのはどれか。

第23回国家試験 問題157

施灸により局所の鎮痛に作用するのはどれか。

第29回国家試験 問題179

透熱灸によって血圧上昇をきたす反射の遠心路を構成する神経線維はどれか。

第25回国家試験 問題151

透熱灸に用いる艾で最も適切なのはどれか。

第26回国家試験 問題151

強刺激を与える目的で行う灸法で正しいのはどれか。

第28回国家試験 問題155

灸による温熱刺激の受容・伝導について誤っているのはどれか。

第27回国家試験 問題153

艾を使用しないのはどれか。