きゅう理論|鍼灸師国家試験問題|41問〜60問

第22回国家試験 問題153

施灸部の組織を破壊する目的で行う灸法はどれか。

第21回国家試験 問題156

温灸刺激について正しい記述はどれか。

第26回国家試験 問題157

温度覚について正しいのはどれか。

第22回国家試験 問題156

半米粒大の施灸で灸痕の化膿を防止する方法として正しいのはどれか。

第22回国家試験 問題151

艾の製造過程で細かな不純物を除去する用具はどれか。

第29回国家試験 問題174

透熱灸を行う場合、最も注意しなければならない疾患はどれか。

第27回国家試験 問題160

足三里へ多壮灸をした後、患者がすぐに全身倦怠感を訴えた。この原因を説明するのに適切なのはどれか。

第30回国家試験 問題176

施灸時の熱刺激を伝える一次求心性神経線維はどれか。

第30回国家試験 問題178

施灸時の組織傷害によって放出されるアラキドン酸代謝産物はどれか。

第21回国家試験 問題160

出力の一部を入力部に戻すことで自動制御を行うという学説はどれか。

第27回国家試験 問題156

ポリモーダル受容器が受容した熱痛を主に伝導するのはどれか。

第21回国家試験 問題152

良質艾の条件で正しい記述はどれか。

第30回国家試験 問題180

熱刺激時のアドレナリン増加を説明する根拠として適切なのはどれか。

第30回国家試験 問題175

副腎皮質ホルモン剤を長期服用している患者への施灸方法で最も適しているのはどれか。

第26回国家試験 問題152

月経異常に対する灸療法で最も適応となるのはどれか。

第25回国家試験 問題159

透熱灸の施灸局所に起こる反応で正しいのはどれか。2つ選べ。
(ハリスタ改変)

第23回国家試験 問題154

有痕灸を避けるべき経穴はどれか。

第22回国家試験 問題154

艾を使用する灸法はどれか。2つ選べ。
※ハリスタ改変問題

第28回国家試験 問題157

透熱灸の施灸局所で発痛を増強するのはどれか。※正解と思われるものを2つ選べ。

第21回国家試験 問題151

毛茸について正しい記述はどれか。